更年期に出る大量の汗

女性は40代の半ば頃から更年期に入ります。

そして更年期というのは女性特有と思われていたのですが、男性にも更年期があることがわかってきたのです。

更年期には、更年期障害つぃて様々な体の不調が起きてきます。

中でも多くの人を悩ませるのがホットフラッシュです。

季節や場所、さらに時間も関係なく突然、クビから上が熱くなって大量の汗が噴き出してしまうのです。

このホットフラッシュという現象はどうして起きてしまうのでしょうか。

具体的な症状として、上半身から大量の汗がえる、顔がカァーっと熱くなる、さらにのぼせたような状態になります。

この中でも上半身から大量の汗が出るのは、ホットフラッシュの代表的な症状です。

なんの前触れもなく、突然首筋から、さらには胸や背中から大量の汗が噴き出てしまうのです。

ホットフラッシュを経験している人は誰もがこの症状に悩まされたはずです。

ホットフラッシュの一番の原因はホルモンバランスが崩れてしまうことです。

言わば、自律神経が乱れることで、体が異常を感じて体の熱を冷まそうとしているのです。

いわば正常な体の反応と言えるのですが、自律神経が乱れること、ホルモンのバランスが崩れる事が原因ですから、まずはこれを改善しなくてはいけません。

もっとも、更年期障害となると様々な症状からホットフラッシュを後押ししてしまうので、原因が一様ではないことも症状の緩和を妨げることにもなっているのです。

頭痛や、めまい、かたこり、冷え、血行不良、動悸・息切れ、イライラ、倦怠感なども更年期の代表的な症状です。これらもホットフラッシュの一つの要因となって大量の汗を誘因してしまいます。

 

改善することはできる?

中高年になると、汗をかきやすくなります。

もっとも、それも更年期のときだけで、通常中高年者は汗を書きにくいとされているのです。

それは新陳代謝の衰えが関係しているのですが、更年期の汗のかきやすさは新陳代謝とは違う、ホルモンのバランスの乱れから起きます。

何の前触れもなく、とめどもなく流れてくる不快な汗を止めるにはどうしたらいいのでしょうか。

更年期にさしかかった人にとって、大きな悩みになっているのです。

基本的に汗をかくのは、体温の上がった体を冷やすためです。

ですから、体を冷やせばいいのですが、前触れもない汗ですから、おのずと限界があります。

まずは、かきやすい部分となると顔汗です。

顔の汗の頻度が高いのであれば、頸動脈を常に冷やしておくという方法があります。

これは最も手っ取り早い方法です。

見た目が悪ければスカーフなどを巻いて、その中に保冷剤を入れておきましょう。

交換が必要になるので、外出さきでは利用できないのですが、最近では、冷やすタイプのスカーフが出回っています。

スポーツ用でもあるのですが、これらを使うことで更年期の顔汗を多少でも防ぐことができるでしょう。

また、汗をかいてしまうと体の水分が少なくなってしまいます。

水分を取ると汗の元になるので控えたいと考えがちですが、水分の不足のほうが体に取ってマイナスです。

水分を取ることは体を冷やすことにもなるので、できるだけ水分を欠かさないようにしましょう。

 

更年期の汗は臭い!

臭い

加齢臭とよく言われますが、自分ではそれほど意識していなくても、更年期になると汗をかきやすくなってしまい、結果的にそれが臭いとなって周囲が気になってしまいます。

そして、更年期の汗の臭いというのは、鼻をつくような臭いとなってしまうのです。

ちょうど脇の臭いが強くなったような感じを想像したらわかりやすいと思います。

⇒強力デオドラント

更年期のときはホルモンバランスが乱れ、自律神経の調子も崩れがちです。

通常、運動でかく汗はさらさらしているのですが、精神性の発汗によるものは、べたべたとした汗になりがちです。

更年期による汗もこれと同じで、大量にかくのにべたべたして乾きが悪いのでそのまま悪臭となってしまうのです。

ひどいときにはアンモニア臭のような臭いになることもあります。

できるだけ、水分をしっかりとって、野菜や魚中心でビタミンCやビタミンEをたくさん取るようにしましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!