サプリ

更年期とは?

体の不調を感じている人は、そのまま放置しておいても改善することができませんので、まずどんな病気を患っているのかを知ってから改善していかなければいけません。

症状があらわれてからでは大変な思いをしますので早めの対応が必要となります。

最近では更年期で悩まされている人が多くおり、様々な症状があらわれて困っている人が多くいます。

その悩みとなる更年期とは女性だけではなく男性も症状があらわれる時期をいい、女性の多くは閉経を迎える50歳前後が一般的とされていて、この閉経を挟んだ前後5年の約10年間が更年期と呼ばれています。

また、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって自律神経が乱れ、様々な症状があらわれてしまいます。

更年期の始まりとなるサインは40代で生理の間隔が短くなったり出血量の変化などを感じたりすることがもうすぐ更年期に入るというサインになります。

男性の更年期は男性ホルモンのテストステロンの減少によって起こりますが、40代に入った頃から症状があらわれる人もいます。

いきなり男性ホルモンのテストステロンが減少して症状があらわれるわけではなく、30代くらいから徐々に減少して40代から症状があらわれることが多くあります。

男性の更年期は放っておくと深刻な症状があらわれてしまい、その症状によって違う病気を患ってしまうケースもありますので、女性の更年期と同じように早めの対応が重要となります。

女性の更年期と主な症状

女性の更年期は閉経の前後5年の約10年間に発症することがあり、多くの人は50歳前後で様々な症状があらわれてしまいます。

この女性の更年期は女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起こり、卵巣機能の衰えによってエストロゲンが分泌されにくくなって自律神経が乱れてしまう事でも起こってしまいます。

また、女性の更年期の症状は様々で、特に多いのが突然の汗やイライラ、体のだるさといった症状です。

人によってあらわれる症状があれば全くあらわれない症状もありますが、イライラや発汗などはほとんどの人にあらわれる症状とされています。

それと、女性の更年期であらわれる症状には、動悸、手足の冷え、耳鳴り、立ちくらみ、肩こり、頭痛、目まい、手足のしびれ、痒み、尿トラブル、不眠、不安感などもあり、更年期とは考えられない症状があらわれてしまいますので、自分で更年期になったことを気づかない人もいます。

ですので、このような症状があらわれた人は更年期を疑ったほうが良いと言えます。

それと、更年期障害は閉経を迎えるような中年だけに起こるわけではなく、20代や30代でも若年性更年期障害として起こることもあります。

この若年性更年期障害は不規則な生活や無理なダイエット、ストレスなどによってホルモンの分泌が乱れ、一般的な更年期の同じ症状があらわれてしまいます。

男性の更年期と主な症状

男性の更年期は男性ホルモンのテストステロンの減少によって起こり、様々な症状があらわれて悩まされてしまいます。

この男性更年期の主な症状は、精神的な症状や性機能障害、多汗や火照りなどのホットフラッシュという症状になります。

精神的な症状は鬱のような症状があらわれてしまい、特に理由がないのに落ち込んだり集中力が無くなったりし、眠れなくなることや夜中に何度も起きてしまうような不眠症になることもあります。

多汗や火照りによって起こるホットフラッシュは暑くもないのに汗をかいてしまいます。

性機能障害の症状では、勃起不全や性欲減退、頻尿や残尿などの症状があらわれてしまいます。

勃起不全は男性にとってすごく深刻な悩みになってしまいますし、男性でも若年性更年期障害が起こりますので若いうちから勃起不全になってしまうことがあるのです。

精神的な症状や身体的な症状があらわれてからでは大変ですので、少しでも体調の変化を感じたら早めに対応するように心がけておくと良いでしょう。

更年期は病院を受診すべき?

更年期は女性だけではなく男性でも起こる深刻な問題ですが、症状があらわれているのに放置しておくと更に酷くなって重い症状があらわれてしまうこともあります。

一人で悩みを抱えていても解決しませんので何らかの方法で改善していくことが重要となります。

その改善方法の一つに病院に行って受診するという方法があります。

最近では更年期専門外来というものがあり、更年期専門の医師が診察してくれますので更年期を効率よく改善していくことができます。

また、女性の場合は婦人科を受診することも良いでしょう。

女性の更年期は基本的に女性ホルモンが深く関わっているからです。

男性の更年期で精神的な症状があらわれている人は心療内科や精神科を受診するのも良いでしょう。

こうしたことからも分かるように更年期は病院を受診すべきと言えますが、病院に行く前に漢方やサプリなどで改善を試みるのも良いと考えられます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!