血

血糖値とコレステロール値の両方が高いと・・・

血糖値が高い状態が続くと血管が傷ついて血流が悪化します。

そして、血管壁の傷んだ部分にコレステロールなどがたまってしまいます。
そうなると、コレステロールがたまって血管が肥大するようになります。

さらに血管が圧縮されて、血管の道が狭くなってつまりやすくなるのです
この状態が高じて、脳梗塞、心筋梗塞になりやすくなるというわけです。

血糖値とコレステロール、一見関係ないように思えますが、実は血管におおいに関係しているということですね。
ここで、コレステロールのおさらいです。

コレステロールと言うと「悪者」のイメージですが、コレステロールは私達の体にとって必要不可欠なものです。
ただその量が多すぎたり、少なすぎてもいけないということですね。

コレステロールが材料となるものを以下に示します。

・細胞膜(人間の体は60兆個の細胞でできていて、その細胞の表面を覆っているのが細胞膜です)
・細胞小器官の膜(細胞の中のさらに小さな構造の膜)
・副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの各種ホルモン
・ビタミンD
・胆汁酸(胆汁酸は食べ物の脂肪を分解して吸収を助けます)

これを見てみると、コレステロールには重要な役割があるのがわかります。

 

コレステロールは運動で下がる?

LDLコレステロールが血管内を流れている時、血液中に余分なブドウ糖があるとLDLコレステロールは糖化(ブドウ糖とLDLがくっついたものです)されることがわかっています。

糖化されたLDLは血管壁に張りつきます。
そうするとその糖化を解消するために免疫細胞が集まってくるのですが、その際に活性酸素を放出するのです。

糖化されたLDLコレステロールと大量に放出された活性酸素、そして酸化されたLDLコレステロールによって、どんどん動脈硬化はすすんでいくようになります。

動脈硬化を防ぐためには、単にコレステロールを気にするだけではいけません。
抗糖化と抗酸化を防がなければならないのです。

そのために血糖値を正常化することと、そして抗酸化物質を増やすことです。
高血糖を改善すると、酸化LDL(悪玉)コレステロール値も下がるということがわかっています。

コレステロール値を改善するためにやるべきことは、まずは運動です。

酸化・糖化LDLコレステロールが増えてしまう要因は、高血糖、肥満(食べ過ぎ)、運動不足、喫煙、動物性の脂肪の摂り過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、遺伝、老化、ストレス、酸化したコレステロールの摂り過ぎなどがあるからです。

アルコールの飲み過ぎに注意しながら、適度に運動することを始めましょう。
これらはすべて血糖値を上げてしまう要因でもあるので、血糖値をあげない生活習慣を心がけるようにするのです。

基本は食生活と運動です。
また、コレステロールのコントロールによく効く食品というのもあります。
それらを、積極的に取り入れると良いでしょう。

 

痩せているのにコレステロールが高い原因

食事

健康診断でコレステロール値が高いという結果が出ると、食事の指導を受けることになります。

さらに、体重のコントロールをするよう言い渡されます。
そのため、一般的にも「コレステロールが高い=肥満」というイメージが定着してしまっているのです。

LDL、悪玉コレステロール値が高い人は、普段の食生活で動物性脂肪を多くとっているのです。
肉や乳製品など、動物性脂肪の多い食べ物はカロリーも高くなりがちです。

結果として、体重も増えて太ってしまうことが多いのです。
一方で、中には摂っているカロリー自体は超過しておらず、肥満ではないのにコレステロール値が高いというケースもみられます。

ただし、痩せているのにコレステロール値が高いという時には、多分に遺伝的な要因もあるのです。
遺伝性の脂質異常症の人は、普通の人よりもLDLの分解能力が劣ります。

肥満になるほど動物性脂肪を摂ってはいないとしても、検査結果ではかなり高い数値が出ることが多いのです。
以上のことから、痩せていたとしてもコレステロール値が高いことがあるので、油断は禁物です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!