動脈硬化とは

動脈硬化は、動脈が硬くなることです。こうなるとどうなるのかということですが、動脈のしなやかさがなくなるので、血液をうまく送り出せないということになります。

そうなると心臓に負担がかかるようになるのです。

また、動脈が硬くなると、血管の内側がもろくなり、粥腫(じゅくしゅ)というコブのようなものができてしまい、さらにこれが剥がれることで、血液中をさまよってそれが細い血管を詰まらせてしまうのです。

これは古い水道管の内壁が錆びて剥がれてしまうのと同じような状態と考えていいでしょう。

動脈硬化によって血管の内側が狭くなると、必要な酸素や栄養がいきわたらなくなります。

そうなると臓器や組織が正しく機能しなくなるのです。

さらに血管が詰まると臓器や組織に血液が流れなくなってしまって、結果的に壊死してしまうこともあります。

また、動脈硬化が進むことで血管がもろくなります。

そうなると血管が破れやすくなるのです。

動脈は体中に血液を送り出す、まさに大動脈と言えます。

本来の血液を送り出す働きが動脈硬化によって阻害されてしまったら、体のあちこちに影響が出てしまうのです。

様々な疾患の要因にもなってしまう動脈硬化はできるだけ早い内に発見して治療することが肝心です。

心臓に大きな負担がかかること、臓器が正しく機能しなくなること、血液が送り出せずに壊死すること、血管が破れやすくなるなど、以上のことをしっかり頭に入れておきましょう。

 

動脈硬化と糖尿病の関係

動脈硬化を引き起こす要因となっているのが、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙、ストレス、加齢などがあります。

この中でも糖尿病と高血圧、そして脂質異常症は互いに絡み合いながら動脈硬化を進行させていくのです。

糖尿病を含めてこれらは自覚症状がないまま体内で進行していきます。

ですので、治療せずに放置してしまうことが多いのです。

本人が気がつかないうちに命を脅かすように突然現われるので、サイレントキラーと呼ばれているのです。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満はこれらのどれが発症しても、動脈硬化の発症率は5倍、6倍になるとされていて、四つの条件があわさると、動脈硬化の発症率は35売にも高まるのです。

糖尿病を発症している人、あるいは糖尿病の疑いのある人は、高血圧、さらには脂質異常症に気をつけないと、動脈硬化が加速度的に進行してしまう恐れがあるのです。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満はお互いに関連しながら動脈硬化を引き起こし、かつ進展させてしまうのですが、これら四つは今では目と簿リックシンドロームという名称になっているのです。

肥満や糖尿病はわかるのですが、高血圧や脂質異常症も含まれるという点に注意しましょう。いずれにしても内臓に脂肪がつくのが要注意と喚起されています。

 

なりやすい人となりにくい人

動脈硬化症になりやすい人というのは、まずは肥満している人です。

肥満は高血圧や、糖尿病になる可能性が高いので、結果として、動脈硬化につながってしまうのです。

また、肥満の人の傾向として、糖質過多の食生活をすることが多いので、高血糖となりやすいのです。

高血糖はそのまま糖尿病につながりますし、動脈硬化を引き起こしやすいのです。

また、ストレスを溜めやすい人も要注意です。日頃から過度のストレスを受けている人は、活性酸素が体内に大量に発生しやすくなっています。

活性酸素が細胞の酸化を促すことで、血流が悪くなりそれが動脈硬化につながるのです。

そして、喫煙している人も動脈硬化になりやすくなっています。

喫煙も大量の活性酸素を発生させることがわかっています。

これによって、血流が悪くなり、動脈硬化を起こしやすくなってしまうのです。

動脈硬化になりにくい人は、肥満ではない人です。

しかし、中高年になると急に肥満になる人もいるので、食生活や生活習慣全般について注意が必要です。

また、日頃からストレスを感じない人、タバコを吸わない人は動脈硬化になりにくいとされています。

 

動脈硬化と診断されたらやるべきこと

入院

まず、動脈硬化と診断される前に、様々な予兆があります。

サイレントキラーと呼ばれるように静かに動脈硬化は進行するとされているのですが、その要因となるのは、高血糖や高血圧です。

これらは健康診断などで要注意あるいは再検査、経過観察などの処置が取られます。

まずはその点において留意するようにします。

そして、動脈硬化と診断された場合は、食生活の改善や運動をすることは当然なのですが、そのような生活習慣の改善はもとより、医師の指導によって、精密検査、さらには動脈硬化が起こっている場所の特定を行い、医師の指示に従いながら治療を行う必要があります。

日々の行動として気をつけたいのは、過度な興奮状態を起こさないようにします。

穏やかな生活をこころがけるようにしましょう。

そして、寒暖の差の激しいところに行かないようにすること、水風呂に急に入るなどの行動は避けるようにしましょう。

いずれにしても通院あるいは入院加療が必要な場合が多く、自分自身も節制に努めて肥満を解消することが大切です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!