病院

糖尿病はどのように診断するのか

糖尿病という病気は、尿から「糖」が出ることに由来します。
健康な人の尿から糖がでることはありませんが、糖尿病の人は、糖の代謝が悪くなっているので、尿から糖が出てしまうのです。

以下に糖尿病という病気の特徴についてまとめてみました。

・インスリンの分泌量が減少する。インスリンの働きが悪くなる
・血液中の血糖(ブドウ糖)が増え、血糖値が高くなる
・血糖値が高くなることで、さまざまな合併症を引き起こす

簡単ですが、大ざっぱに書いてみると、以上が糖尿病のしくみとその特徴です。

健康な人はインスリンの働きで、血糖値がほぼ一定の範囲で保たれています。
しかし、糖尿病の人はインスリンの働きが悪くなっているので、血糖値が高くてもうまくエネルギーとして使われないのです。

その結果、体が衰弱していき、血液中に溢れたブドウ糖が、全身の血管や細胞を傷つけます。

そのことで、さまざまな合併症を引き起こすのです。
これが糖尿病の一番怖いところです。
糖尿病は生活習慣病の一つとされています。

つまり、生活習慣を見直すことで予防できる病気なのです。

また、糖尿病になってしまったとしても、正しい生活習慣に戻すことで、それ以上悪化することを防ぐことが可能な病気なのです。

糖尿病は、それ以上悪くならないように、「自分で病気をコントロールする」という気構えが大切なのです。

 

血糖値だけに注目しがちだがA1cの値の方が大事

HbA1c「ヘモグロビン・エーワンシーと読みます」値とは、赤血球中のヘモグロビンがどのくらいの割合で糖と結合しているかを示す検査値です。

ふだんから血糖値が高い人はHbA1c値が高くなります。

過去1-2ヶ月の血糖値の平均を反映して上下するので、血糖コントロール状態の目安となる検査で、多くの病院の糖尿病外来で毎月測定されています。

「今日は病院で検査だから」といって食事を控えると、血糖値を下げることはできます。

しかし、 HbA1c値は下がりません。
反対に最近2ヶ月くらいがんばって食事を控えた人は、検査の前日だけたくさん食べたとしてもHbA1c値は上がりません。

これはよく台風にたとえられるのですが、「血糖値」が「瞬間最大風速」で、「HbA1c値」は「中心気圧(ヘクトパスカル)」のようなものと考えていいでしょう。

およそですが、以下の数値が参考になります。

HbA1c値 5.6%未満 ふだんの血糖値が正常範囲内の人
HbA1c値 5.6-6.4%  時々血糖値が高めの人(境界型糖尿病)
HbA1c値 6.5% 以上 糖尿病

と考えていいでしょう。

もちろん、正確な診断には血糖値もあわせて判断します。
HbA1c値 7%(NGSP値)未満を維持できれば合併症は出にくいのですが、HbA1c値 8%(NGSP値)以上の状態が続くと合併症が出る可能性が非常に高くなってくるので、このあたりをボーダーと考えたいところです。

 

軽度の場合の治療法

空腹時の血糖値が正常であっても、糖の負荷試験で異常があれば、軽度の糖尿病に入れてよいと考えられます。

また、インスリン分泌が抑制されていたり、負荷後30分のインスリン分泌の立ち上がりが悪い場合では、将来糖尿病を発症するリスクが高いので、この場合も軽度の糖尿病と考えてよいでしょう。

現在では、血糖値の高いことによる糖毒性のもたらす悪影響の意味がかなり明らかとなっています。
従って、血糖値は可能なかぎり正常域である110mg/dlに下げるべきという時代となっているのです。

その意味で空腹時の血糖値は正常でも糖の負荷試験の2時間値が高めであれば、軽度の糖尿病として治療対象とすべきです。

それでは、軽度の糖尿病をどう扱ったらよいのでしょうか。
指摘しておきたいことは、空腹時の血糖値だけを指標にしても合併症は予防できないという点です。

そして、治療としては具体的には、教科書的となってしまいますが、ライフスタイルの改善です。
これはすなわち、食事療法を始めるために栄養を考えることと、運動療法です。

実際には、こうしたライフスタイルの改善の継続がもっとも難かしいでしょう。
短期間なら実践できるのですが、糖尿病の治療はまさにライフワークとなってしまうからです。

ライフスタイルの改善というのは、食事療法では「制限、制限、制限」で、軽度の糖尿病の人は楽しくないです。
ですから、強制ではなく、喜びや楽しみを味わいながら生活習慣を変えられるという方向にもっていきたいものです。

 

重症の場合の治療法

症状が重く、「糖尿病性昏睡」などの重症の合併症を発症している場合では、外来では手の施しようがないことも多いです。
そのため、入院が必要になります。

また、食事療法や運動療法、薬物療法を続けていても回復に向けての効果がなく、高血糖状態が改善されないような場合も、入院を勧められることになります。

入院期間は、症状や治療による改善の状況、医療機関などによって異なるのですが、一般的には2週間程度~1か月以上になります。

糖尿病は完治が難しい病気です。というよりも重症となると完治はあきらめるしかなく、糖尿病といかにつきあっていくかに軸足を変えていかないといけません。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!