おやつ

危険!子供のメタボが増えている

メタボになってしまうのは大人だけではありません。

子供もメタボになってしまうのです。

近年、子供の肥満が問題になっていますが、子供のメタボというのはあまり話題になっていませんので知らない人が多いのが現状です。

子供のメタボは大人のメタボと同様に内臓に脂肪がたまって様々な病気を引き起こすことがあります。

大人になってからの肥満に繋がってしまいますので子供のためにも親御さんは何とかしてあげなければいけません。

また、血糖値や血圧が高くなることや早くから動脈硬化の危険性が高まりますし、心臓病や脳卒中などを起こす確率が高くなりますので大人のメタボと同じくらい危険と言えます。

それと、厚生労働省から小児メタボリック症候群の診断基準が出されていますので、我が子がメタボと思われる人は診断基準を参考にし、もしもメタボだと感じたら早めに受診することをお勧めします。

このような子供のメタボの原因はゲームなどで室内にこもって運動不足になることや肉類中心の高脂肪食、受験などによるストレスが挙げられます。

また、こうした原因によって子供がメタボになりますと、そのおよそ7割くらいが成人しても症状を引きずってしまいますので、子供の将来のことを考えて早めの対応が重要となるでしょう。

注意したい生活習慣

肥満

メタボは子供でもなってしまいますが、大人が気を付けておかなければいけません。

子供は自分の判断でメタボを食い止めることができませんし、親の見ていないところで何をしているか分かりませんのでしっかり観察してあげる必要があります。

また、子供のメタボで注意したいのが生活習慣です。

生活習慣に気を付けていればある程度のメタボは防ぐことができますし、改善することだって可能となります。

気を付けてほしい生活習慣は、歩くことを嫌がって車などで移動してもらっていることや部屋でゲームばかりして外での運動ができないこと、間食でお菓子や甘いデザートなどを食べ過ぎているじょとや脂肪分が多い洋食が多いこと、ソファなどで寝転がっている時間が長いことなどの生活習慣には気を付けておかなければいけません。

それに、近年は食の欧米化が進んでいますのでファーストフードで栄養の偏った食事をすることが増えています

できるなら栄養バランスが整った和食を食べさせてあげましょう。

このような生活習慣に気を付けることによって子供はメタボを回避することができますので、可愛い我が子のためにも色々と大変ですが大人が頑張ってあげましょう。

治療法

子供のメタボは生活習慣や遺伝的要因によって起こり、放っておくと進行して深刻な問題に発展してしまいますので治療してあげなければいけません。

その子供のメタボの治療法は運動療法と食事療法が効果的で良いとされています。

運動ではウォーキングや水泳などを1日に30分は行うようにし、家の中ではできるだけゲームで遊んだり漫画の本などを読ませないようにしてあげましょう。

食事では脂肪分が多い料理は勿論のこと、糖分が多いものや栄養バランスが偏っているものは避け、栄養バランスが整っている和食中心の食事が良いでしょう。

また、遅い時間帯の食事ではなく、就寝2時間くらい前には食べ終わるような時間帯に心がけてください。

間食で甘いものを食べ過ぎることや糖分が多いジュースはできるだけ飲まないようにしましょう。

それと、朝食抜きはエネルギー摂取と消費のリズムが乱れてしまい、逆に太りやすい体質になってしまいますので、朝食もしっかり食べさせてあげてください。

このようなことからも分かるように、全体としてバランスがとれた日常生活を続けさせることが治療法となりますので子供が頑張って続けられるように協力してあげましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!