お酒

メタボと診断されたらお酒を止めるべき?

アルコールは適量であれば体内の善玉コレステロールを増やして動脈硬化を予防したり、さらに体内の血行をよくして新陳代謝を高めるといったプラスの効果が認められています。

ですので、お酒を飲みすぎてメタボになってしまうのは、そのときに一緒に食べるつまみや、飲酒量が多すぎるので原因です。

おつまみには、味つけの濃いものや揚げ物などの油を使うことが多くあるので、お酒によってさらに食欲が増した状態でこれらのつまみを大量に食べてしまうと内臓脂肪が増加してしまうのです。

それでは、つまみを食べなければいいのかというと、もちろんそうではありません。
お酒自体が高エネルギー(1gあたり約7kカロリー)ということもあるのですが、空腹でお酒を飲んでしまうと肝臓に負担がかかり、肝臓で処理できないアルコールは結局脂肪として蓄積されてしまうからです。

ですから、メタボと診断されたらお酒はつまみと一緒に飲まない、さらに適量にすることが大切となります。

 

太りにくいお酒と太りやすいお酒

お酒の原料は、主に麦、米、ブドウ、芋、トウモロコシなどとなっています。
そして、お酒の製造方法によっては原料の糖質が残る場合と残らない場合があるのです。

それでは、糖質を含むお酒とそうでないものに分類してみます。

糖質がゼロのお酒
・焼酎
・ウイスキー
・ブランデー
・ウォッカ
・糖質ゼロのビール

ダイエット中にお酒は飲んではいけないの?という疑問を持つ人もいると思いますが、糖質ゼロのお酒は飲んでも大丈夫です。

それでも、これら糖質ゼロのお酒を果物やジュース、砂糖を使った甘味料などで割ってしまうい、サワーや酎ハイにしてしまうと、それらには糖質が含まれてしまいます。

糖質をゼロにするのであればロックで飲むか、水やウーロン茶、炭酸水で割るようにしましょう。

糖質が含まれているお酒を次に挙げてみます。

お酒100グラム中に含まれる糖質の目安を括弧の中に示しています。
・梅酒(20.7g)
・紹興酒(5.1g)
・清酒(3.6~4.9g)
・発泡酒(3.6g)
・ビール(3.1g)
・ワイン白(2.0g)
・ワイン赤(1.5g)
・ジン(0.1g)

以上のことから太りやすいお酒、太りにくいお酒というのは糖質が含まれているかどうかということになります。
糖質が含まれているおさけを飲みすぎてしまうとメタボリックの原因になる恐れがあります。

楽しいお酒の席などで飲む量がつい増えてしまう場合は、出来るだけ糖質ゼロのお酒を飲むようにしましょう。

 

お酒を飲んでもメタボを解消!

刺身

大事なのは適量を守って深酒をしないことです。
アルコールの1日の適量は、男性が20g/日、女性が14g/日といわれています。

これは、ビール中ビンが約20gで、350ml缶で約14gです。
この量を超えるアルコールを 毎日飲むと確実に内蔵脂肪が増加していきます。

また、適量であっても毎日飲んでいると肝臓に負担がかかります。
1週間に1~2日は休肝日を作るようにしましょう。

お酒で太る原因の一つはつまみを食べることなのですが、まったく食べないのは肝臓に負担がかかりすぎてしまいます。

そのため、肝臓に障害が起きてしまうとアルコールの処理に支障をきたしてしまうのです。
その結果、処理しきれないアルコールが内臓脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。

お酒は、食欲を増進させる効果があるのですが、酔いにまかせて高カロリーのつまみを大量に食べるのは、メタボ一直線となってしまいます。

できるだけ、低エネルギーの大豆食品、海藻食品、さしみ、焼き魚、サラダ などを選ぶようにしましょう。
お酒を飲んだ後に、ラーメンでしめる人は少なくないでしょう

しかし、ラーメンは内臓脂肪には一番悪いパターンです。
お酒を飲んで、寝る前ですから、食べたラーメンはすべて脂肪へと蓄積されてしまいます。

お酒を飲んだ後にのどが渇いてしまうときは、水を飲めば二日酔いも避けられて一石二鳥なのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!