ウエスト

何かがおかしい!メタボのウエスト基準

年齢を重ねると体の様々なところが変化してきます。

特に中年になると気にしてしまうのがお腹ではないでしょうか。

お腹が出てくると何一つ良いことがありませんので何とか改善してみたいものです。

また、お腹が出てくるのは俗に言うメタボというものですが、そのメタボは改善しないと他のところにまで悪影響を及ぼす可能性がありますので気を付けておかなければいけません。

では、メタボと診断する基準は何でしょうか?

それは、腹回りである腹囲の測定から始められます。

正しい姿勢をとったときに床と平行になるようにしてメジャーでおへそ周りを測定します。

この測定方法は日本人に合わせた独自の基準となっており、通常のウエストを測ったときよりも少し太めになります

そして、ウエストを測って男性は85センチ以上、女性は90センチ以上だったらメタボ危険度が黄色信号になり、中性脂肪が150mg/dL以上・HDLコレステロールが40mg/dL未満、最高血圧が130mmHg以上・最低血圧が85mmHg以上、空腹時血糖が110mg/dL以上の中の2つ以上が該当するとメタボと判定されるのです。

以前は少し違った基準でしたが、今現在では血圧、脂質、血糖から判断されることになっています。

しかし、こうしたメタボの基準に身長が考慮されていないのはおかしいのではないでしょうか?

身長が高くなればなるほど基本的にウェストも大きくなるから、基準に身長が含まれていないのはおかしなことと考えられます。

そうした声が多くあったのも影響し、子供のメタボの新しい指標として身長も計算されるようになりました。

あくまでも子供のメタボ基準に身長比が加えられただけなので大人のメタボ基準には疑問が残ります。

 

メタボの基準で一番重要なのは?

メタボになるのは様々な原因が挙げられますが、普段から気を付けておけば防ぐことも可能です。

しかし、多くの人は気づいた時にはメタボと診断されていることが多くあり、そうした人はメタボが深刻なことというものに気づいてから改善しようと動き出します。

そんなメタボの診断基準で一番重要となるのは内臓脂肪の蓄積とされています。

この内臓脂肪の蓄積と高血糖、高血圧と脂質異常が重なってメタボの診断がくだされます。

こうしたことからも分かるようにメタボの基準で一番重要となる内臓脂肪の蓄積ですが、逆に考えれば内臓脂肪の蓄積を無くせばメタボと診断される可能性は低くなると考えられます。

ですので、メタボを予防したい人や改善したい人は内臓脂肪に気を付けながら生活すると良いでしょう。

くれぐれも無理の無いような方法を続けていきましょう。

 

メタボでも健康診断で問題ない場合も多い

最近、お腹が出てきたという人は自分がメタボではないかと思っていませんか?

メタボというのは自分で判断することではなく診断結果によって判断されるものですので自分で決めつけてはいけません。

また、メタボと思っている人の中には健康診断に行って問題ないと言われた人もいるのではないでしょうか。

では、メタボでも健康診断で問題ないといわれるのはなぜでしょうか?

それは、診断基準が内臓脂肪の蓄積にあるからです。

体に付く脂肪には内臓脂肪の他に皮下脂肪があります。

その皮下脂肪が蓄積されていることでお腹が出てしまうこともありますので、自分はメタボと勘違いすることがよくあります。

見た目では皮下脂肪がついているのか内臓脂肪がついているのかは判断できませんので健康診断に行ったほうが良いのですが、そこでメタボと診断された場合は内臓脂肪が蓄積されているということですので、生活習慣に気を付けながら内臓脂肪が減るように頑張らなくてはいけません。

健康診断やメタボ診断に行くのは勇気がいりますが、自分のためだと思って頑張ってみてください。

 

脂肪が少なくてもメタボなの?

体重

メタボという言葉をよく聞くようになりましたが、正式にはメタボリックシンドロームと言います。

ちなみにメタボリックとは「代謝」ということとなり、シンドロームとは医学的に「症候群」とされています。

このメタボは太っているという印象があり、特にお腹が出ているのをメタボと思っている人が多くいます。

しかし、脂肪が少なくてもメタボと診断されてしまうことがあります。

これはメタボの基準に身長が入っていないからだと考えられます。

身長が高い人は普通の体格でもウエストは大きくなってしまいます。

また、腹部の筋肉が厚い人や元々体格がガッチリしている人は、ウエスト周囲のメタボ基準を超えていても脂肪が少ない可能性があります。

このようなことからも分かるように、見た目が筋肉ムキムキの人で脂肪が少なくてもウエストが大きければメタボとなる可能性があるということです。

また、メタボは皮下脂肪の多さよりも内臓脂肪の多さの方が診断基準となりますので、太っているからと言って必ずメタボになっているということはありません。

しかし、自分で判断するのは後に危険な病気を患う危険性がありますのでメタボ診断や健康診断を受けることが大切です。

 

男女で基準が異なる理由

メタボの基準となる腹囲のサイズは男性が85センチ以上で女性は90センチ以上とされています。

ここで疑問に思うことは男女で基準が異なることです。

では、どうして男性より女性の方が測定基準が大きいのでしょうか?

それは、元々女性の方が皮下脂肪が厚いからです。

女性は妊娠・出産によってお腹の胎児を守るために皮下脂肪が厚くなります。

また、ホルモンの違いも基準が異なる理由となっており、女性ホルモンは脂肪を皮下脂肪として蓄積する働きがあるからです

同じウエスト周りでも女性は男性に比べて皮下脂肪の分だけウエスト周りが大きくなりますので、男女で基準が異なるのは仕方がないことと言えるでしょう。

逆に男性は女性ホルモンがあまり分泌されませんし皮下脂肪もつきますが、内臓脂肪も蓄積されやすくなります

ですので、男性は皮下脂肪がつきにくいからといって油断すると内臓脂肪がついてしまいますので気を付けておかなければいけません。

もしかして自分はメタボかもしれないと思った人は、まずウエスト周りを計測して基準より上回っていないかを確認すると良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!