パン

血糖値が急上昇する危険なダイエット方法

糖尿病は、「ブドウ糖」をうまく代謝できない病気のことです。
ご飯やパンなどの炭水化物は、この「糖」と食物繊維でほぼ構成されています。

ご飯やパン以外に、麺類、芋類やカボチャ、ニンジンなども糖質量が多くなっています。
最近では、生の魚の切り身にも砂糖を含んだパウダーのようなものが添加されているそうですから、そのあたりも気にしたいところです。

炭水化物のカロリーの計算方法は、1gで4kcalとして計算します。
肉などは、1gで9kcalで計算されますので、炭水化物のほうがより低カロリーと思いがちになります。

カロリー量だけを見たら炭水化物の方を選んでしまうのですが、結果として、血糖値が上がるので糖尿病には、炭水化物を用いたダイエットは危険と考えていいでしょう。

その対策として、運動すればその分消費カロリーが上がるので結果的にダイエットにはなります。

しかし、糖尿病の持病がある人の場合、これはとても危険なことなのです。
血糖値は、糖質など食べること以外に強い運動などでも大きな負荷がかかってしまいます。

そうすると血糖値が大きく上がってしまうのです。
激しく運動することで、血圧や心拍数が上がります。

そのタイミングで糖尿病の「合併症」をひき起こすことがあるのです。
脳梗塞、心筋梗塞、網膜症、腎症など、その他の合併症です。
ですから、早く痩せたい、と急に慣れないマラソンなどを急に始めることは危険なのです。

 

血糖値を味方につけて楽してダイエット

血糖値ダイエットというものがあり、効果が期待できます。

しかし、他のダイエットにも言える事ですが、血糖値ダイエットだけでぐんと痩せるというのは難しいです。
なぜなら、血糖値ダイエットは極端にカロリー摂取を止めるという事ではないからです。

ですから、すぐに体重が減って体が引き締まっていくという事ではありません。
自分の体を知って、痩せやすい体になるのが血糖値ダイエットの効果といっていいでしょう。

血糖値ダイエットだけで痩せるのではなく、運動したり間食をしないなどを組み合わせて行うダイエットなのです。

運動をしたり間食をしないなども血糖値に関わりがあります。

他のダイエットをする時でも、血糖値との関係を調べると効果的にダイエットができると思います。
血糖値ダイエットの方法は、食事を食べる順序に気をつけることです。

一般的な食事は、ご飯やパンの主食、肉や魚などの主菜、そして野菜などの副菜で成り立っています。
こういった複数あるお皿を、交互に食べるのが普通の食事です。

いっぽうの血糖値ダイエットの方法は野菜⇒主菜⇒主食という順番で食べていくのです。
野菜をすべて食べたら肉や魚をすべて食べ、最後にご飯やパンを食べていくという方法です。

これが、血糖値を上げない食事方法であり、結果的にダイエットにも結びつくのです。

 

健康的に痩せる方法

食事

健康的にダイエットする方法は極端な食事制限をせず、適度な運動をしながら、徐々に体重を落としていく方法です。

これは、ダイエットでリバウンドがしにくい方法にもつながるので、健康的にダイエットしていくようにしましょう

ダイエットで、最も効果的で短期間に結果が出るのが食事制限ダイエットです。
体をしっかり使うような生活をしている人は、体を動かさないでいい人と比べて、多くの摂取カロリーが必要になります。

ですから、体を動かすために必要なカロリーを摂取していないと体調を崩してしまうのは当然のことです。
このような人の場合、食事のバランスが重要となってきます。

お腹が空いたからといって、ご飯などの炭水化物を大量に摂取していては、当然ですが太ってしまいます。
肉や魚、野菜などもしっかりと食べて、バランスの良い食事を心がけるようにします。

それだけで、特別なダイエットをしなくても効果があるのです。

体を動かさないような生活をしている人の場合、食事制限から始めるのではなく、毎日の生活の中のどこかで運動をすることが大切となります。その場合は、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!