人間ドック

健康診断では分からない血糖値スパイクの危険性

健康な人なら、食後の血糖値は緩やかに上昇・下降します。

そのいっぽうで、糖尿病ではないのに、食後急激に高血糖になる「血糖値スパイク(グルコーススパイク)」の状態に陥る人が近年増加傾向にあるそうです。

そして、その状態を放置していると、重大な病気を招く危険性があるというのですから心配ですね。

血糖値は、食事や運動などさまざまな要因によって、1日の中で何度か上下動します。

健康な人なら、食後の血糖値は緩やかに上昇して、そのあとゆっくりと下がります。

血糖値の正常値は、空腹時血糖が110mg/dL未満、空腹時以外の血糖値が140mg/dL未満となっています。

どちらも上回っていると、糖尿病が疑われることになります。

一方、空腹時の血糖値は正常にもかかわらず、食後に血糖値が大きく跳ね上がることがあります。

食後の血糖値が一時的でも140mg/dLを超える高血糖の状態になる人がいるのです。

このように、食後大きく血糖値が急上昇する状態を「食後高血糖」と呼んでいます。

グラフにすると、とがった針(スパイク)のような形を示すことから、これを「血糖値スパイク(グルコーススパイク)」と呼んで、注目を集めているのです。

血糖値スパイクは、あまり自覚症状はありません。

それでも、食後の異常な眠気やだるさは食後高血糖のサインとなります。

一般的な健康診断では空腹時血糖値の測定のみとなっているので、食後異常が起きていることは見落とされがちとなります。

 

体に与える影響

血糖値スパイクが続くと、徐々に血管が傷つけられて動脈硬化を招きます。

これによって、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死のリスクが上昇するのです。

さらに、認知症にもつながるとして、国内外で盛んに研究が進められています。

実際、マウスの実験でも、恒常的に高血糖の個体より、血糖値を急上昇させた個体のほうが、血管へのダメージが大きかったということです。

自分が血糖値スパイクかどうか知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、医療機関で「75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)」を受けることです。

あるいは、調剤薬局などで「血糖自己測定器」を購入します。

これは、自分の指先から微量の血を採血し測定する方法です。

肥満、または極端にやせている人は、とくに注意が必要です。

人間の体は、食後にご飯やパン、砂糖などが消化管で吸収され、ブドウ糖として血液に入り(血糖)、脳や筋肉を動かすエネルギー源となります。

健康な人であれば、血糖が上昇すると、膵臓からインスリンが分泌されます。

それが、筋肉に取り込むなどして、血糖値を下げてくれるのです。

いっぽうで、肥満の人は肥大した脂肪細胞からインスリンの働きを弱めるホルモンが分泌されます。

それによって、血糖値が下がりにくくなるのです。

また、極端なやせ型の人は、筋肉量が少ないので血糖の取り込みがうまくいかないため、これもまた血糖値が下がりにくいのです。

家族に糖尿病がいる人も要注意です。

インスリンの分泌量が少なくなる2型糖尿病は、遺伝するとされています。

糖尿病を発症していなくても、血糖値スパイクになる遺伝的要素が体質的にあると考えなくてはいけません。

 

最悪の場合突然死の可能性も!

血糖値スパイクは、食後に血糖値が急上昇する状態をさすものです。

血糖値の乱高下を繰り返すと、健康な人にも深刻な疾病が忍び寄るということです。

しかもそれは、通常の健康診断では発見されません。

ですから、約1400万人が気づかないうちに血糖値スパイクを患っていると推定されているのです。

これは、九州大学大学院と福岡・久山町が共同で同町40代以上の住人約8000人に糖負荷試験を行った最新データによる推計です。

テレビでも取り上げられ、大きな反響を呼んだ血糖値スパイク

食後、一時的に高血糖へ急上昇し、すぐ正常値に戻るという乱高下を繰り返すこの現象が、突然死や認知症、がんなどを招くというのです。

そもそも、血糖値スパイクは、なぜ起きるのでしょうか。

人間の体は、食事で炭水化物を摂取すると、消化吸収されてブドウ糖に変わります。

すると膵臓からインスリンが分泌され、血中のブドウ糖は肝臓や筋肉で取り込まれて利用されます。

ですから、本来は血糖値は140mg/dlを超えることはありません。

全身の臓器はエネルギー源としてブドウ糖を1日300~700g消費しています。

その大半を食事からの炭水化物で補う必要があるのです。

血糖値が高いということは、臓器でブドウ糖を消費できないため、血管内にだぶついていることを示しているのです。

血糖値異常が引き起こす疾病と聞くと、糖尿病を思い浮かべます。

それでも、この血糖値スパイクの危険性は、これまであまり知られていませんでした。

なぜなら、一般的な人間ドックなどの健康診断では、血糖値を測る場合、食後ではなく空腹時に計測します。

そのため、血糖値が食後にスパイクしているという異常な状態になるのがわからなかったのです。

 

原因

血糖値スパイク」が生じる原因

「血糖値スパイク」が生じる原因は大きく2つに分類できます。

 

膵臓からインスリンを分泌する能力

食事をすると膵臓からインスリンが速やかに分泌されます。

食事によって吸収された血糖を体内に取り込み、血糖値を一定に保つのです。

つまり、「インスリン分泌能の低下」があると食後の血糖値が上昇するのです。

 

分泌したインスリンの能力

インスリンが血糖を取り込む能力は、運動不足や肥満になることで低下することがわかっています。

食事によりインスリンが出ても、血糖を体内に取り込めずに血糖値が上昇します。

この状態を「インスリン抵抗性」と呼んでいて、食後の血糖値上昇の原因となるのです。

 

予防と治療方法

ラーメン

血糖値スパイクを予防するポイントは、食事でとる糖分の吸収をゆるやかにすることです。

簡単にできることは、食事の順番を変えることです。

ご飯などの炭水化物より先に、食物繊維の多い野菜や海藻を食べるようにしましょう。

また血糖値が急上昇しないように、欠食をせず1日3回規則正しく食べるようにします。

ほかにも、よくかんで早食いをしないことも高血糖対策となります。

ラーメンとチャーハンなど炭水化物の「重ね食べ」は控えるようにしましょう。

また、食後はすぐ横にならず、こまめに動くようにします。

それによって、血糖が筋肉のエネルギーとして利用されます。

さらに、血糖値の上昇を抑制する効果が期待できるのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!