ダイエットで痩せると血糖値は必ず下がる?

体重が気になる人はダイエットで痩せることができますが、そのダイエットをしている人の中には血糖値を気にしている人もいるでしょう。

血糖値を下げることは痩せやすい体を作ることができますので、多くの人は血糖値を下げるように努力しています。

では、ダイエットで?せると血糖値は必ず下がるのでしょうか?

それは、ダイエットで痩せても血糖値は必ず下がることはありません。

ある程度までは下げることができますが、食事をとると血糖値は一時的に上昇しますので下がった状態が続くわけではありません。

食事によっては下げることもできますが、必ず下げれるわけではありませんので勘違いしてはいけません。

血糖値を維持していられるのは肝臓に蓄えられているグリコーゲンがあるからです。

そのグリコーゲンが減ることによって血糖値が下がって空腹感を感じます。

ですので、空腹感を感じた時は血糖値が下がっているという証拠ですので、自分で血糖値が下がっていると気づくことができます。

この空腹感を感じた時に食事をとると満腹感を感じますが、その満腹感を感じた時にはすでに血糖値が上がっているのです。

だから、必ずしも痩せたからと言って血糖値が下がるわけではないのです。

血糖値が急上昇するとなぜ太りやすいのか

ダイエットを行う上で気になるのが血糖値です。

血糖値が急上昇すると太りやすくなるからですが、なぜ血糖値が急上昇すると太りやすくなるのでしょうか?

血糖値が急上昇すると太りやすくなるのは、急上昇することによって体が異常事態と判断し、インスリンが大量に分泌されてしまうからです。

インスリンが大量に分泌されると血液中にあるブドウ糖を積極的に細胞に取り込んでしまい、その取り込まれたブドウ糖はエネルギーとして利用されることはなく、脂肪に変えられてしまってぜい肉となって溜まってしまいます。

これによって太りやすい体になってしまい、ダイエットしても痩せにくくなってしまうのです。

逆に血糖値が下がっているときは脂肪燃焼のチャンスですので効果的に痩せることができます。

血糖値が下がっている状態は血液中のブドウ糖が少ない状態ですので、ブドウ糖だけではエネルギー不足になります。

そこでエネルギー不足を補うために体脂肪を燃焼させますので痩せやすくなるのです。

それに、空腹感を感じた時に運動をすれば血糖値が上がりますが、その運動によって食べてもいないのに満腹感を感じることができますので食事制限になってダイエットすることができます。

血糖値の上昇を緩やかにする食べ方

食事

ダイエットで痩せるためには血糖値を上げ過ぎないようにしますが、食事をとることによって急上昇してしまうことがよくあります。

そこで重要となるのが血糖値の上昇を緩やかにする食べ方です。

その食べ方とは、ゆっくりとよく噛むことや食べる順番に気を付けること、油や酢をうまく利用することです。

ゆっくりとよく噛むことによって少量の食事でも満腹感を得ることができますし、よく噛まないと食べれない海藻やキノコなどを積極的に食べることによって血糖値の急上昇を防ぐこともできます。

同じ食事のメニューでも食べる順番を変えるだけで血糖値の急上昇を避けることができます。

糖の消化や吸収を遅らせる食物繊維を含んだものを最初に食べ、しっかり?んである程度お腹を満たしたら肉や魚などのおかずを食べるようにし、最後にご飯や麺類、パンなどを食べるのが良いでしょう。

ついでに食べ過ぎも防げますのでダイエットに効果的です。

酢や油に含まれる脂質には血糖値の急上昇を抑える働きがありますので、食事のメニューに積極的に取り入れると良いでしょう。

それに、酢には生活習慣病の予防効果もありますので健康的なダイエットを行うことができます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!