シークワーサーには血糖値を下げる効果がある

沖縄県は、現在では日本一長寿の県として有名です。

その沖縄県の中でも大宜味村の長寿率が非常に高いのです。

これはその土地の人たちにとっては常識となっているのですが、昔から収穫されているシークワーサーに長寿の秘密があるのです。

シークワーサーは沖縄原産のミカン科の柑橘類です。

良く知られているすだちに似ていて、果皮が緑色のときに主に収穫されるのですが、とても酸味の強い味となります。果皮が黄色になると多少甘みが増すのですが、そのときでは収穫が遅いとされているのです。

このシークワーサーには抗酸化作用があるポリフェノールが含まれていることでも知られています。

そして、フラボノイドの一種でもある、ノビレチンがシークワーサーの代表的な成分とされているのです。

そして、このノビレチンが血糖値を下げるのに役立つとして脚光を浴びているのです。

ノビレチンはシークワーサーそのものの果汁です。酸味の元がこのノビレチンということですね。

このノビレチンが血液中のインスリン働きを助けて、血糖値を正常に保つとされているのです。

ノビレチンの効能が医学的に立証されているわけではありません。

しかし、大宜味村では長寿の人が多く、糖尿病にかかっている人が少ないことからも、長く食べられてきたシークワーサーにその理由があるのではないかとされているのです。

 

1日に必要な量と美味しい摂取方法

シークワーサーは沖縄原産ですから、沖縄ではどこのスーパーでも手に入れることができます。

他の地域では、大きなスーパーに行けばシークワーサーを手に入れることができるでしょう。

血糖値を下げるのに効果があるとされているシークワーサーは最近特に人気となりました。

そのシークワーサーを毎日40mlから60mlは取りたいところです。

それでも、例えば60mlのシークワーサーが必要となると、シークワーサー5,6個分の分量となってしまいます。

そのままでは強烈な酸味もあって食べにくいという人が大半だと思います。

そのときはシークワーサーのジュースを作れば飲みやすくなります。

とはいっても酸味は変わらないのですが、ジュースにすることでいろいろなものを入れることができるのです。

甘みを出したければシロップやハチミツを入れるとよいでしょう。

血糖値を下げることに注目が集まるシークワーサーですが、もともとは美容と健康の維持に優れた果実なのです。

血糖値を下げるのも良いですが、トータルバランスにすぐれが果物であることには間違いなく、血糖値を下げるのも健康維持には大切ですから、ますますシークワーサーの人気が上がることでしょう。

 

簡単に摂取できる方法

シークワーサー

健康に良く血糖値を下げてくれる働きのあるシークワーサーでしたら毎日でも食べたくなるのですが、果実ですからそれにも無理があります。

そのためシークワーサーの果実をぎゅっと搾って原液にしたのが、青切りシークワーサー100なのです。実際に40~60mlの果実を毎日食べるのは無理があります。

保存する必要もありますし、その点青切りシークワーサー100だとすでにジュースにしてあるので後はひたすら飲んでいくだけです。

また、一日に50mlの青切りシークワーサー100を飲むだけでいいので飲む分量としても少なくて楽だと思います。

ただし、青切りシークワーサー100は原液ですから、そのままでは飲みづらい人には、水で薄めるなどすると良いでしょう。

炭酸水で割るのも人気です。

但し水や炭酸水で割っても酸味がそれほど変わるわけではありません。

酸味の強さが苦手という人はシロップやハチミツを入れるなどして味を調節するとよいでしょう。

青切りシークワーサー100は原液ですから、それをベースとしていろいろな飲み方を楽しむことができます。

自分で思い思いの飲み方を試してみると、青切りシークワーサー100の魅力がさらにわかってくることでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


血糖値を下げるサプリ 人気ランキング!